ヌルい日々
tepid.exblog.jp

タイヤが付いているもの中心
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
shemale span..
by listik-28081 at 06:32
by listik-28081 at 22:13
broccoli ric..
by lostyand at 11:05
by lostyand at 23:10
buttercream ..
by ccl-onlinetr at 09:46
http://lifem..
by gorymbortetty at 18:04
http://lendi..
by nocodsdon at 01:55
nice site. f..
by Jordan at 02:09
   歌 / 作詞 / ..
by ******* at 04:53
芸能人のマル秘DVDなら..
by オシエモン at 14:48
最新のトラックバック
自動車リサイクル税の料金..
from 自動車税を極める!車の税金の..
ư
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
東京モーターショー200..
from BMWおたっきーず!Blog..
東京モーターショーの前売り
from Mysterious Spa..
WRC
from [WRC]情報
F1:イタリアGP:決勝
from アスピリンカフェでちょっと一息
眞鍋さんブログ本感想をT..
from 芸能&スポーツ瓦版
予選結果 MotoGP..
from DUCATI INDEX
Cheap Tenuate
from Cheap Tenuate
Purchase Che..
from Purchase Cheap..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
F1 アメリカGP
金曜日のラルフ、ゾンタのクラッシュ後に
ミシュランからタイヤの危険性についての声明が出されたにもかかわらず
決勝が始まる、日本時間の20日午前3時頃まで
なんのニュースも聞かれなかったので心配はしていたのですが・・・

事の発端は、金曜のラルフ・シューマッハとリカルド・ゾンタの2台のトヨタ
インディアナポリス、セクター3、ターン13のバンクになった最終コーナー
2台はここでゾンタがスピン、ラルフは決勝を欠場するほど派手なクラッシュ
ミシュランの調査の結果は、ここのレイングルーブと呼ばれるミゾの上を
10周以上全開走行した場合、タイヤの耐久性に問題が発生する可能性がある
・・・っというものだった

結論が出ないまま、土曜の予選は予定どおり行われ
トゥルーリのトヨタ初ポールで盛り上がっていたが
その後もオフィシャルとミシュラン、ミシュランユーザーで
何度もミーティングが行われたようだが
結論が出ないまま決勝を迎えた

ミシュラン側は対策として
急遽別構造のタイヤを空輸、決勝でそちらを使わせて欲しいとFIAに願いでる
これに関してはブリジストンはOKという姿勢だったが、FIAが拒否
また別の案では、ターン13にシケインを設けるという案が出るも
これにはブリジストンが難色を示したらしい・・・(FIAも反対だったようだが・・・)
それでは・・っということで、ミシュランユーザーのチームに対して
バンクでの自主的スロー走行やタイヤの内圧を高くして様子を見る
等の案も提案されたようだが、いずれも受け入れられず・・・
ペナルティ覚悟のタイヤ交換と言う案もあったようだが
単なる安全上の問題ではすまない、FIAに対する深い不信感が
問題を複雑化させてしまったようだ・・・

結局フォーメーションラップを走った所でミシュランユーザーは全てピットイン
決勝はブリジストンユーザーのフェラーリ、ジョーダン、ミナルディの6台のみ
レース自体は、どのチームも [タナボタのポイントを逃してなるものかっ!]
みたいな、安全走行
怒った観客はブーイングの嵐
コース上にペットボトルやビールの缶を投げ込む始末・・・
(走ってる6台に落ち度は無いのだから、これはイケマセンよ・・・)
それでも何の説明もないままに、レースは淡々と続く
ミハエルの2度目のピットストップ時、コース復帰の際に
トップを取りたいバリチェロとニアミスがあったものの
コースアウトしたバリチェロはその後は大人しく
フェラーリ 1-2、一周遅れでジョーダンの2台、さらに2周遅れてミナルディの2台と
完全に消化試合の結果
d0049014_1314396.jpg


例えば・・・
今年のレギュレーションの問題とか
BARの出場停止問題での遺恨とか
'08以降の時期コンコルド協定問題とか
GPWC発足でF1分裂の噂とか
・・・・・
F1の行く末には色々問題が山積みされてるわけで
そんな確執が露呈してしまった感じもするのですが
ここがアメリカだったことも少し影響してる気もしますね・・・
もとよりヨーロッパのサーキットであれば
このようなコースの問題は無いわけですが
(モナコみたいな危険なコースでも喜んでやるわけだから・・・)
ミシュランもFIAも各ヨーロッパ系のチームも
アメリカだからイイや・・・的な軽視とも言える裁定
っと思うのは私の考えすぎでしょうか・・・

フォーメーションラップを回ってレースが成立してしまったことも
色々な思惑があるのでしょうが
ボイコットするにしても、大勢のファンが見守る中
そそくさとピットに引き込んでしまってそれで終わりっと言うのは
あまりにも観客を無視した行動と言わざるを得ないし
FIAだけでなく、ミシュラン陣営にも横暴さが感じられる気もします
少なくてもBSタイヤはフルラップ走っても問題ないわけで
やはりトラブルの原因がミシュラン固有の問題である以上
一周も走らずリタイアという決断が
FIAの対応に抗議としての意味合いも含まれるとすれば
それはミシュラン側の問題のすり替えと思われても仕方のない所
少なくてもお金を払って観に来ている観客への誠意はないでしょう

とは言え、レギュレーションは安全と公平のためにある・・・
それが大前提ではないでしょうか?
ミシュランがタイヤを交換したいなら
BSユーザーも望むなら新しいタイヤでの決勝出走可能
それでいいじゃない?・・・FIAのお偉いさん
予選-決勝を1セットのタイヤで、と言うのは
コストダウンがそのタテマエのハズだが
たかがシーズン中の1レースでタイヤを1セット多く使ったからと言って
それがどれ程のコスト高騰になると言うのか・・・
しかもそのレギュレーションが安全性よりも優先されるとしたら
本末転倒としか言えないですね・・・

いずれにしろ、もし自分がインディアナポリスの観客の一人なら
来年以降アメリカGPが続いても、観戦に来ることは無いかもしれないですね
当事者にとっては、19戦分の1かもしれないけど
年に一回のF1にわざわざお金払って観に来てる観客からしてみれば・・・
もともとアメリカじゃF1人気無いのにねぇ
d0049014_13153339.jpg


RESULT
1, シューマッハ Ferrari
2, バリチェロ Ferrari
3, モンテイロ Jordan
4, カーティケアン Jordan
5, アルバース Minardi
6, フリーザッハー Minardi

7チームが異例の一斉棄権 タイヤ損傷の危険性理由
[PR]
by tepidity | 2005-06-20 13:39 | F1