ヌルい日々
tepid.exblog.jp

タイヤが付いているもの中心
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
shemale span..
by listik-28081 at 06:32
by listik-28081 at 22:13
broccoli ric..
by lostyand at 11:05
by lostyand at 23:10
buttercream ..
by ccl-onlinetr at 09:46
http://lifem..
by gorymbortetty at 18:04
http://lendi..
by nocodsdon at 01:55
nice site. f..
by Jordan at 02:09
   歌 / 作詞 / ..
by ******* at 04:53
芸能人のマル秘DVDなら..
by オシエモン at 14:48
最新のトラックバック
自動車リサイクル税の料金..
from 自動車税を極める!車の税金の..
ư
from ֥?Ǿ!Blog-Headl..
東京モーターショー200..
from BMWおたっきーず!Blog..
東京モーターショーの前売り
from Mysterious Spa..
WRC
from [WRC]情報
F1:イタリアGP:決勝
from アスピリンカフェでちょっと一息
眞鍋さんブログ本感想をT..
from 芸能&スポーツ瓦版
予選結果 MotoGP..
from DUCATI INDEX
Cheap Tenuate
from Cheap Tenuate
Purchase Che..
from Purchase Cheap..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:Consumer( 14 )
ビッグスクーター
ヤマハのサイトで ビッグスクーターブログ なるものが始まったようです。

Goo Bike なんか読むと、いまだに 2st の値段チェックしてるような、モロにレプリカ世代の自分、今もそれは変わらない・・・つもりなんですが、実は最近 結構 ビッグスクーターが気になってたり・・・
お金に余裕があれば、ね・・・そりゃリッターSS+オフ車+ビッグスクーターぐらい、ガレージに どうよっ! って感じで並べてみたいですが、現実に一台に絞れと言われた時に、ビッグスクーター案外使えるかも・・・なんて気になってるわけですよ最近

自分的理想としては、バイクってツーリングなどの時のための特別な乗り物・・・でも良いんですが、街乗りとか、毎日の道具として徹底的に使い倒したいってのもあって、そう言うふうに考えた時に、スポーツ系バイクだと積載性の問題がかなり大きなネックなわけで、ちょっと買い物してもトランクにポンっと放り込んでおけるスクーターって使えるよねぇ・・・とか勝手に妄想してる今日この頃・・・

そういう部分をアテにしてスクーターを選ぶとすればどれがいいんだろ・・・
グラマジェ系は、400は車検あるし、ってかそもそもお洒落感ないんだよね・・・
MAXAMはカッコエエけど、車体低くしたおかげで収納スペース狭そうだし・・・
そう考えると、パワー無くてもいいから車検ナシの250で、燃費も良い(車重とかも考えて)、マジェCあたりが良いんじゃないか・・・と自分では思ってるんですがね・・・(相変わらず ヤマハ しか選択肢なくてスイマセン)
ってまぁ思ってるだけで、現実には GooBike を読みながら妄想してるだけで、実際いつ買うのやら・・・



[PR]
by tepidity | 2005-12-08 23:15 | Consumer
TMS レビュー 【 自動車 】
モーターショーの車ブースは、いつもの事ながらじっくり見るわけにもいかず・・・という感じでしたが、現実的にじっくり見てたら時間足りないしね・・・幕張に住んでたら、毎日行くんだろうな・・・自分

そう言えば、この間姪に、モーターショーに行くと言ったら、「色んな車が走ってるの?」と聞かれて・・・そういや、当たり前だけどモーターショーって車のショーだけど、走ってる車は全然ないよな・・・と実に素朴な事に気づいてしまいました。まぁ幕張では無理っぽいですけど、考えてみれば、何かしらのデモランとかがあってもイイよな・・・っと、さすが子供の視点は違うなぁ・・・みたいな

で、車の方は、国産車よりも外車中心に見てきた感じ・・・これは同行の甥っ子君1号の趣味です・・・まぁ、当分車を買い換える予定もないので、イイんですけどね・・・

◆ レビュー [ 車編 ]
[PR]
by tepidity | 2005-11-02 21:11 | Consumer
TMS レビュー 【 モーターサイクル 】
やっとモーターショーに行ってきました。入場者数が減少(?)という評判はどこへやら・・・って感じで、やはり人は多かったですけど・・・
一番不思議だったのが、グランツーリスモのデモプレイの待ち時間。終始40~50分って・・・発売されて一年近く経つのに、どうしてみんなそんなにプレイしたいんだ?!

d0049014_19371051.jpg・・・それはおいといて、レビューの1はプレビューで書けなかった二輪から。
実際の話、国内モデルのラインアップは、アメリカンとネイキッド中心で、ショーモデルというのは、4輪のそれよりも、市販の可能性が薄いというか、完全にショーのためだけ?って感じのも多いし、そういう期待を持って見れるモデルは少ないと思うのですが、それを差し引いても、やはり二輪は楽しかった・・・

しかし・・・二ヶ月程前に買った携帯、デジカメ代わりにと思いメガピクセルを買って、今回初めて長時間使用した所、バッテリーが自動車ブースで力尽き・・・バイク館は急遽 「写ルンです」 で撮影。全然キレイに取れてなくてかな~りガッカリです・・・トホホ


◆ レビュー [ バイク編 ]
[PR]
by tepidity | 2005-11-01 19:57 | Consumer
'05 TMS プレビュー[2]
【 日本初の高級ブランド - LEXUS 】
かつてトヨタというメーカーは、自動車評論家達に酷評されていた時期がある。サーキットやテストコースで車の限界まで知ることが出来る評論家先生達は、そういった場所でのトヨタ車の限界の低さに対して口々に不満を述べていた。けれど、当のトヨタは、そんな批判は想定内といった感じで、一般ユーザーが使用する市販車に対して、70~80%の出来で充分、というスタンスを崩さなかった。
結局は、評論家先生がどう言おうと、今となっては、営業利益一兆円、国内シェア50%、世界第2位のメーカーになってしまったわけだけど、決してトヨタが、100%の車を作れないわけではなく、コストを度外視して、評論家先生の喜ぶ車を作っても、多くのユーザーにとっては、宝の持ち腐れなのは事実なわけで、ユーザーにとって必要充分な車を提供する事が、企業として健全な姿勢であった事が証明されたという事だろう。

言うまでもなく、トヨタがいい加減で安価な車を作ってきたという事ではまったくなくて、例えば現行NCVカローラが登場した時、売れ筋の大衆車でありながら、パネルの継ぎ目のクリアランスの少なさなど、非常にクオリティの高い仕上がりであったし、セルシオの静粛性は世界トップレベルとも言われている。工業製品として、徹底的に品質を見直し、改善してきたからこそ、今のトヨタがある。
そんなトヨタが、満を持して100%の車を作り始めたのがレクサスなんだと思う。車そのものに留まらず、ディーラーの有り様から、アフターサービスまで、トータルでの高級を謳い文句に、北米で収めた成功を、今年から国内展開し始めた。

高級車というのは、結局の所、工業製品である以上、いわゆる普通の車より、高価なパーツを使っているに過ぎない。上質な乗り心地を求めて、名のあるブランドのサスペンションを使うなら、数年に一度はオーバーホールするなど、乗る側にも、その上質を維持する責任も出てくる。色々な意味で、メンテナンスフリーを求めるような人は、間違っても高級車に乗ろうとは思わない事だ。トヨタがレクサスでしようとしている事は、つまりはそういう事だろう・・・そのためにディーラー自体にも高級が求められているのだから・・・

いずれにしても、このレクサスの国内(外)での成功を疑う人はいないだろうが、それが本当に、メルセデスやBMWの様な、誰もが認めるステイタスに成り得るかと言うと、実はそれ自体、トヨタが望んでいるのかも疑問に思う。トヨタにとって、車というのは、やはり商品でしかなく、それ以上のものには成り得ない気がするのだ・・・高級車はやはり利益率が高く、世界一のメーカーになるためには、やはりこのジャンルが必須という事だろう。
残念ながら、レクサスの今のラインナップを見ると、車として何か新しい魅力があるかといえば、エンブレムをトヨタマークに付け替えても違和感が無いほど、平凡なものだと思う。
品質は間違いなく世界トップクラスであろうが、やはり高級車としてはリーズナブル・・・結局はそんな売り方での成功に過ぎない気はしてる・・・

d0049014_22582447.jpg


【 元気がない? - HONDA 】
今年のホンダは何か元気がない感じがする。コンセプトモデルトップのスポーツ4は、かつてのデュアルノートを始めとする次期NS-Xを思わせるようなインパクトは残念ながらない・・・このスポーツ4は、市販車ではないだけで、現行レジェンドの発展型みたいな感じだ。
今のホンダ全体に感じる事だが、何か方向性を失っている感じもしないでもない。ホンダが一番に作りたいのはスポーツカーであることは間違いないが、環境問題などでそれも思いどうりいかないジレンマなのだろうか・・・
トヨタに次いでハイブリッド車を実用化したホンダではあるけれど、やはりハイブリッドではトヨタの方が知名度では遥かに高いうえ、最初のインサイトでつまいずいてしまってからは、シビックがその代表になったものの、やはりプリウスの様にハイブリッド専用ブランドでないと、影が薄い感じは否めない。

ホンダというメーカーは、オートバイと車では、メーカーとして位置付けがかなり異なると思う。オートバイでは確実に世界ーだろうし、だからこそ王道とも言えるバイク作りが出来る訳だが、自動車メーカーとしては、いわばトヨタ、日産の隙間産業的手法で発展して来たわけで、そうなると少々規模が大きく成り過ぎてしまった感じもする・・・ここへ来て、トヨタと真っ向勝負しなければならない程に成長してしまうと、逆に手の内が無くなってしまった感じさえしてしまう。

だからこそ、モーターショーには、誰もがスポーツカーのホンダと認めるコンセプトカーを出すべきだろうし、それが出来ないという事は、ホンダが思っている以上に、ユーザーにマイナスイメージを持たれる危険性があると思う。

d0049014_22585383.jpg

[PR]
by tepidity | 2005-10-27 23:07 | Consumer
'05 TMS プレビュー[1]
今年のモーターショーは、開催期間が長くなった事や、プロ野球の日本シリーズと重なった事(?)などで、初日の観客数は例年の2/3ぐらいだったらしいです。
まぁ、特に若年層では、車やバイク離れが進んでるらしいですから、そういう影響もあるのかもしれませんね・・・

で、自分は今週末あたりに行く予定なのですが、その前に気になる車種をプレビューしてみようかと思います

【 日産の亡霊 GT-R 】
前回のモーターショーでも、コンセプトとして出展されたGT-R。あれから2年が経った今回のTMSでも、まだスペックが不確定な「プロト」としての出展らしい・・・
考えてみれば、このGT-Rという車、自分が生まれる前からこのネーミングがあるわけですから、初代から数えて何年(何十年)になるのか・・・。
正直言えば、もういいんじゃないの?って個人的には思うのです。確かに箱スカ、ケンメリは伝説の車だったかもしれない。復活したR32も名車だと思う。けれど、R33、R34はR32の余韻でしかなく、R34がVQエンジンでGT選手権に出場した時点で、GT-Rの歴史は終わったのだと思う。
かつて、排ガス規制でスポーツエンジンを無くしたスカイラインが、直4DOHCを復活させた時でさえ、GT-Rというネーミングは与えられず、RSとした様に、直6こそがスカイラインのアイデンティティそのものだったと思うのです。その直6が、時代にマッチしないと言うのなら、GT-Rという名前もまた、永久欠番にするべきではないのか・・・
ましてや次のGT-Rは、国内レースのための車ではなく、世界戦略車。何十年も使い古されたネーミングで、過去の栄光に頼るのは、いかがなものか・・・
新しいコンセプトとネーミングで、成功する自信がないのか、自分的には何か消極的なイメージしか感じられないのです。
しかも、GT-Rのアイデンティティを捨てるならば、現行V35クーペとVQエンジンの組み合わせで、充分に造れるハズなのに、何年も温めていること自体、タイミングを逃している気もする。
まず、GT-Rなんて捨ててしまおう・・・そう思わない限り、日産が本当に立ち直る日は来ない気もします。
d0049014_2312611.jpg

【 新生 ランエボ X 】
パッと見ただけで、とにかくカッコイイ。もう理屈抜きというか、とにかくこのスタイルのまま市販されて、WRCなんて走られた日には・・・今までミツビシは好きなメーカーじゃなかったけれど、一発でミツビシ党になってしまうかも・・・
日本のメーカーの中で、4ドアの車を作らせたら、一番優秀なのはやはりトヨタだと思う。トヨタ自身も、「セダンメーカー」と言っているほど、セダンにはこだわりがある。しかし、このエボXを見ると、そのトヨタさえ凌ぐほど、フロントの押し出し感も、ルーフラインのまとめ方も、フェンダーのボリュームも、とにかくカッコイイの一言。
考えてみれば、ミツビシというメーカーは、古くはギャランだったり、スタリオンだったりと、独特ではあるけれど、スタイルの良いスポーツカーがありましたよね。海外ではエクリプスも根強い人気がある。エボシリーズは、いままで、カッコイイけれど、インプレッサとかに比べると、ちょっと冒険が少ないというか、スタイルがどうのという車ではなかった気がしますが、このXは、スタイルだけでも充分満足出来るだけの価値があると思う。
あくまでショーモデルですから、市販になれば、こんなにローダウンしてないし、タイヤも小さくなって、タイヤハウスのクリアランスも広くなるのでしょうが、それを差し引いても、やはりカッコイイ気がする・・・
今のところ、WRCでは充分な体制とは言えず、スバルに遅れをとっている感もあるミツビシだけど、このXで本格的にタイトル争いに加わって欲しいですね。
d0049014_23141514.jpg
[PR]
by tepidity | 2005-10-26 23:23 | Consumer
Extreme Yellow
d0049014_10373575.jpg


ホントに出すとはね・・・
でも、かな~り欲しいかも・・・06モデルだから年末ジャンボ頼みか・・・(爆

基本的には従来型のモディファイだけど、パワーが3psアップで175ps、トルクの細さがネックだったけど、これもライバルに並ぶ11kg台まで上げてきました。車重が1kg増えたみたいだけど、馬力が上がってるので、パワーウエイトレシオはついに1kg/psを切りました。
その他スイングアームなど、車体関係も細かな見直しがされているみたいです。

今年のGSX-Rの速さを考えると、フルモデルチェンジしてもらいたかったけれど、SBKでも芳賀がこのところ調子を上げてきているので、来年も継続モデルでもいけるのかな・・・って気はします。

てか・・・それよりもショックなのはこっちだよねぇ・・・

d0049014_1052390.jpg


現実的には、フェーザーの方が欲しいわけだけど、パイプフレームをやめたおかげで、タンク容量も21→18に減ってるし、何よりこのリアまわりとサイレンサーが・・・
ヤマハお得意のCFダイキャストだっけ・・・?、フレームとか、パイプよりアルミのプレスで造った方が、コストが安いのは分かるんだけど、R1エンジン+パイプフレームってのが、フェーザーのウリだったわけで、何か味気ない気がしちゃうんだよね・・・アルミフレームにするなら、パイプハンやハンパなカウルじゃなく、セパハンとフルカウルでキチンとしたスポーツツアラーでも作れば良いのに・・・

まぁどうせ新車なんて買えないだろっ!って言われればそれまでですが・・・
[PR]
by tepidity | 2005-09-13 11:07 | Consumer
機種変
少し前に、携帯が壊れたって書きましたけど、やっと機種変してきました。
今までは、問答無用のデザイン重視派でしたが、今回は実をとってデジカメ機能が良いもの、ってことで選びました。
auユーザーなんだから、当然320万画素のW31CAだろ?・・・ってツッコミはなしで・・・
予算から言って、先代モデルのW21CAⅡです・・・(*ノ_<*)
しかも色が水色しか残ってねぇ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まぁ21CAⅡでも、200万画素なので、概ね満足というか、実質一万円以下で200万画素のデジカメを買ったと思えばほぼ満足。唯一気になることが、前のソニー端末と違って、外部メモリーがメモリースティックじゃない事・・・当然ですけどね・・・。仕方ないので、miniSDカードも買いました。画素数が増えた割に内部メモリーはそれほど多くないので、miniSDは奮発して128MBに・・・(微妙にセコいかも)

この機種は液晶が180°回転して、デジカメスタイルで撮影出来るモデルなのですが、手で構えた時に、デジカメの様にガッチリホールド感がないのでなんか心配。なので、ストラップは指か手を通せるものを・・・と思ったけれど、あいにく手持ちに適当なのがない・・・
そりゃ、ストラップなんてお金払って買った事もないですからね。あるのは偶然クレーンゲームで取れたものか、コンビニのジュース類とかに付いてくるオマケのみ・・・

無いなら仕方ないので作る・・・ってことで、シンプルな革がイイな・・・と思い、早速素材屋さんへ。とりあえず最低限の材料と道具、しめて¥1,113で購入。いざやると、リベットが微妙に長いものだったり、下穴用のポンチが細すぎたりと、アバウト感丸出し・・・購入する時はキチンと店員さんに確かめましょう・・・と言いつつ無理矢理完成!・・・って革切ってリベット打っただけですけどね・・・(;^_^ A
まぁ今回は革素材もワゴンセールの切れ端で試しに作った感じですので、次回はちゃんとした革と飾りリベット、シルバーアクセなんぞも買ってきて、クロムハーツばりのを作る予定です・・・(ウソ・・・つうか無理だし・・・)

d0049014_1952512.jpg
[PR]
by tepidity | 2005-09-02 19:56 | Consumer
333ps
V8搭載フーガ、とうとう発売! 出力は国内最高!

以前から噂されていた280ps自主規制撤廃車。その1号として日産のFUGAが発表されました。当然レクサスとかも、自主規制なんておかまいナシで出して来るハズですけど、かねてからトップメーカーのトヨタが自主規制破りの一番手っていうのは色々と問題アリってことで、1号はやはり日産でしたね。

まぁメーカーの自主規制とは言っても、国交省がにらみを効かせてるからそうしなければならなかったわけで、ここへ来て撤廃してもいいよ、って言うのは、国内の新規需要が減って買い換えメインの自動車マーケットの落ち込みを危惧しての事だと思うけど、自動車って日本にとってはある意味基幹産業に近いわけで、ここが儲からないと国としても困るもんね・・・
いつも思う事だけど、この国は、何に関しても金さえ儲かりゃなんでもいいと言うか・・・

でもなんか・・・イマサラって気もしますよね・・・
自動車メーカーにとっては、日本というマーケットは既にメインじゃないですからね。欧米向けをメインに開発して、日本でもそのまま売った方が余計なコストもかからないというメリットもあるのだろうけど、つい先日、NSXが生産中止を発表したばかりで、このタイミングっていうのもなんかイヤラシイって気もしますが、そのNSXとかGT-Rの時代にやって欲しかったっていうのが正直な気持ちですよね・・・
とは言え、第1号はZって噂もあったけど、結局サルーンになったのは、要するにスポーツカーだと、たぶんまだ駄目なんでしょうね・・・

このFUGA、333ps、46.0kgmの性能ながら、U-REV認定も受けているけど、日産は未だにハイブリッド車も出していないわけで、規制の厳しい北米では、トヨタからハイブリッド技術を買ってまで販売している状態で、国内で自主規制破りもないだろ・・・って気もしますが、まぁレクサスにしてもそうだけど、経済的なコンパクトカーや割りに合わないハイブリッドよりも、利益率の高い高級車を売りたいってのは分かるんだけど、結局環境問題よりも、今現在の企業としての利益優先っていうのもね・・・
日産の経営が立て直ったのは、ゴーン氏になってからコストカットの名目でかなりの資産、従業員、そして下請けを切り捨ててきたってだけで、決して車造りそのものが変わったわけではないわけで、例えばZが売れているのも、車が良いというよりも、今までのZの価格帯から比べて大幅に売れ筋の価格を下げたおかげだったりするわけで、Zに限らず、日産の車そのものの魅力という点では、全体的にトヨタにもホンダにも追いついていないし、ブランドイメージからしたら、スバル辺りの方が高いんじゃないだろうか・・・って気さえしてしまう
自主規制撤廃にはもちろん賛成というか、もともと意味なんてないものと思っているけど、日産がこういった事をウリにするのは、なんか方向がズレてる感じがするんだよね・・・
[PR]
by tepidity | 2005-08-19 00:58 | Consumer
さよなら・・・NSX
本格的スポーツモデルNSXの生産を終了

スポーツカーの終わりを告げる言葉としてすっかり定着してしまった「排ガス規制に対応出来ない為・・」、もともと自主規制で馬力落としてるんだから、触媒を改良して規制をクリアしても、性能は維持出来ると思うし、ましてやNAのNSXなら尚更と言う気もするけど、ホンネを言えば「もう売れないNSX作るのは限界だから止めます」って言いたかったんだね・・・。年間1,2台しか注文がない車だから、いつ生産中止になるかと思っていたけど、今まで作ってただけ立派かな・・・。かつては「スポーツカーを作る為にミニバンを売る」って言ってたホンダだけど、そのミニバンがドル箱じゃなくなって苦しいのは分かるけどね・・・
ニューNSXについては、'01のデュアルノートや'03年のHSC等、モーターショーのコンセプトカーが時期NSXという噂はいつもあるけど、この分ではまだ具体像は出来てないのでしょうね。

日産のGT-RやこのNSXも所詮はバブルの産物だから、あるいはあの時代でなかったら、もっと良いスポーツカーとして開発されてたいたかもしれない。そもそもV6、3.2リッター(当初は3リッター)にしてはボディが大柄すぎるし、その大柄のボディの軽量化に全身アルミってのは、ほんとバブルだから出来た感じがする。あの時代では、ホンダとしてはV6、3リッター以上のエンジンは無理だったのだろうが、ボディの大きさだけなら、4リッター、5リッターといったエンジンじゃないと魅力が感じられないのも事実。それなら排気量に見合ってコンパクトでコストがかからない設計の方が、もっと売れたかもしれないのにね。

確かにNSXの存在は、車好きにとっては「夢」であったし、日本車のステイタスだったかもしれない。個人的にも好きな車ではあるけれど、実際に買うかと言われれば殆どの人がノー・・・っていうか無理。
本来は、マツダのロードスターや、トヨタのMR-S等の女性でも買ってくれる様なスポーツカーを作る事の方が重要なんじゃないかと思う。あの辺りのクラスに魅力的な車がないから、スポーツカー市場が無くなって、結局GT-RもNSXも過去の遺産になってしまうわけだし・・・
CR-X(デルソル以前の)みたいな車、また作ってくれないかなぁ・・・ホンダさん
[PR]
by tepidity | 2005-07-13 02:06 | Consumer
LEXUS Book
どこかのバナー広告で見て、無料なので申し込んでみたのですが・・・
d0049014_23564060.jpg
カタログと言うにはあまりに抽象的なので、ホントにイメージだけという感じです。詳しい車のスペックも載ってないしネ。
まぁ、レクサスは、実はかなり欲しかったりするわけですが、どう考えてみても今はちと無理。せめてと言う感じかな・・・( ̄~ ̄;)

つか高級車って言われても、自分には全然無縁っぽいけど、「本木目、本皮などの実物サンプルが確認出来るレクサスギャラリーを全店に用意」って言われても、そもそも、そんなモノが付いてる車乗った事ないもん、確認しなくても良いしナ・・・(≧∇≦)

でもやはり・・・正直今のアルテッツァはパワーと言うか、トルクと言うか、ボディが重いせいもあるのだろうけど、かなり非力だし(自分のは 3Sなんで邪道な気もするが・・)、2.5リッターのニューISは乗ってみたいなぁ・・・って気はする。
とは言え、個人的には2リッター以上の車って、ちょっと・・・みたいな。このエコ時代に排気量アップってやはり抵抗あるかもね。ガソリン高いのは仕方ないとしても、CO2はマズイよ・・・だって暑いの苦手なんだって・・・(;´・`)>

d0049014_0175772.jpgそういえば、F1記念車はどうなるんだろうか・・・?。シリーズタイトルとは言わないまでも、優勝の一つもしないと、売れない気もするけど、それ待ってると車自体お蔵入りって気もするネ。
[PR]
by tepidity | 2005-07-12 00:25 | Consumer